尿漏れの正しい治療法|トレーニングで収まる

医者

若い女性に急増する性病

男女

完治には早期発見が鍵です

昔から性病として知られる梅毒ですが、近年若い女性を中心に急増しています。梅毒は、感染してから3週間後、3ヵ月後、3年後と症状が変化するのが特徴です。まず3週間後には「痛みのないしこりやリンパ節のはれ」が起こりますが、これらは放置しても2〜3週間後には自然に消えてしまいます。次に3ヵ月後には、「ピンク色の円形のアザ」「赤茶色の小豆大のぶつぶつ」「脱毛」といった症状が起こります。これらは3ヵ月〜3年ほど続きます。最後に3年以上経過すると末期症状となり、大きなしこりができ、重い障害が出るようになりますが、現在はここまで進むことはほとんどありません。以前は不治の病として恐れられていた梅毒ですが、現在では治療薬のペニシリンがありますので、早期の検査で発見し、治療することによって完治が可能です。初期症状は軽いものですが、疑いのある場合は放置せずに検査を受けることで早期治療へと繋がります。

予防の仕方

梅毒はトレポネーマという病原菌により感染する、とても移りやすい性病です。あらゆる性行為で感染するほか、皮ふや粘膜の小さな傷から病原菌が侵入するため、口内に梅毒の病変部分がある場合には、キスだけでも感染してしまいます。感染を予防するには、不特定多数とセックスをするようなことはせず、しっかりと検査をし、感染の疑いのないパートナーとセックスをすることが大切です。梅毒の検査の際には、パートナーとふたりで検査を受ける必要があります。また梅毒に限らず、性病を予防するには、コンドームを使用したり、シャワーを浴びるなど清潔な環境にすることも効果があります。