尿漏れの正しい治療法|トレーニングで収まる

女医

若い女性に急増する性病

梅毒は現在若い女性を中心に急増している性病です。昔は不治の病でしたが、現在は早期発見・早期治療をすることで完治する病気です。とても移りやすい性病なので、疑いのある場合には、パートナーと一緒に検査を受けましょう。

改善トレーニングをしよう

ナース

尿漏れの症状は女性に多い症状です。統計的には日本人女性は600万人もいるというデータが出ています。また、年齢が上がるにつれて尿漏れをする人の割合が高くなっています。特に、30代以降から急上昇しています。決して高齢者だけの現象ではありません。ちなみに、妊娠経験者のほぼ半数以上が尿もれの経験があります。尿漏れというのは、よく誤解されることが多いですが、単に自分の不注意で起こるものではありません。れっきとした病気です。正式には尿失禁という病名です。そのため、しっかりと治療をすれば完治することができるのです。具体的な治療法には、骨盤に原因がありますので、骨盤まわりの筋肉を強化していくことが最適なものです。

尿漏れは骨盤底筋を鍛えることが効果的です。骨盤底筋というのは膀胱や子宮が下がることにならないように支えている筋肉のことです。この筋肉がゆるむと尿道や膣の収縮力が弱まります。そうしてクシャミをしたり、歩いていてつまずいたりと、お腹に力がかかります。このようなちょっとした動作で尿漏れが起こってしまうのです。男性の場合は筋力が強いのであまり尿が漏れませんが、女性の場合は骨盤底筋のゆるみが尿失禁に直結することが多いです。ゆるんだ骨盤底筋をきたえて、尿失禁を改善しましょう。筋肉トレーニングでも治療できないときにはTOTという治療法があります。腟壁と内股の付け根を切開して尿道と腟に専用のテープを通して漏れが起こらないようにしてくれます。

早期発見の重要性

泌尿器科の病気に対して正しい知識を持たないと、早期発見ができなくなります。その為、埼玉の泌尿器科クリニックでは、情報提供のためにホームページを開設しています。特に前立腺がんの早期発見の重要性を訴えており、定期的な検診を推奨しています。

性病の1種の原因と治療

日本でも2010年ころから、梅毒に感染する人が増えています。しかし、ペニシリンを使用することで、完全に治ります。また、この病気の原因であるトレパネーマは、抗生物質に耐性は示していません。日本では保健所で匿名で無料で検査をしてくれますので、不安があれば検査を受けておきましょう。